ユーロ円(EUR/JPY)、史上最高値(150.07円)を記録

今日ついに、ユーロが発足以来の史上最高値 150.07円をつけた。

実は、お祝儀(?)にユーロ円のロング(買い持ち)・ポジションを持っていたのだが、なかなか150円を超えないので我慢しきれずに昨日売ってしまっていたのである。。。(残念)

別に損をした訳でもないので、まぁどーでも良いと言えば良いのだが、歴史的な瞬間に参加し損なったのが少し残念。。。(為替投資をやってる人はプロでも素人でも、きっと150円達成の瞬間に参加したいと思っていたのでは?)

さて、今後のユーロ円の見通しはどうだろうか。

情報筋によると、最近の欧州系通過の強さのために、ユーロやポンドのロング・ポジションが相当溜まっているということらしいので、まだ高値を更新する可能性もあるものの、この辺でいつ調整が起きてもおかしくはないという状況らしい。

(同じことは、欧州圏以外のクロス円通貨であるオーストラリア・ドルにも言えるそうだ。豪ドルをロングで持ってる方は、ご注意を。)

既に、150円超えの後は反落し、一時は 149.30程度まで下げていたが、このブログを書いている23時11分現在は149.30-149.35円程度で取引されている。

なお、日本時間で明朝3時頃に、米国連邦準備理事会(FRB)のFOMC議事録が公開されることになっており、この内容によってもドルを軸とした為替レートの変動がほぼ確実である。

つまり、アメリカの景気が良さげでインフレ懸念がある(→ 利上げの可能性あり)という内容なら、ドル高で円やユーロが安くなり、逆にアメリカの景気が減速していることが明らかであると確認される内容なら、ドル安円高(またはユーロ高)となる。

変動の幅は内容にもよるが、ドル円で最大1円以上動くこともあるということなので、やはり動向が気になる。
現在のポジションは、ドル・ロング(買)が中心なので、できればインフレ懸念があり年内にまだ利上げの可能性
がある、というような内容であって欲しいのだが・・・(まぁ、そうでなくても、予め定めたルール通りに粛々とトレードを続けるだけだが・・・)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ユーロ円(EUR/JPY)、史上最高値(150.07円)を記録"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ユーロ円(EUR/JPY)、史上最高値(150.07円)を記録"へのトラックバックはまだありません。