ポンド爆上げ 〜 予想外の英・利上げを受けて

ここのところロングのポジションを数枚取っていたポンド円(GBP/JPY)だが、今晩のイングランド銀行による市場に予想されていなかった 0.25% の利上げを受けて、この発表後にポンドの急騰という結果となっている。

いやー、こういう美味しい経験を味わってしまうと、一度や二度痛い目にあっていても FX 止められなくなりそうです。 f(^-^)

215.75 円でロングを取り、そのあとかなり下げていたので、「あちゃ〜失敗だったか?」と焦ったのですが、じっとロングで持ち続け、猿張のマニュアルにしたがってポジションを買い増して再びポンド円の上昇をひたすら待っていた労が報われたというものだ。

さて、それはそうと、浮かれているだけではなく今後のこのポンド円のポジションのことを考えておかねば。
つまり・・・

どこで利益確定をして、手仕舞いとするか、あといつまでポンドをロングで持っているか、っていうようなこと。

それで、とりあえず中長期的なトレンドを考えてみる。

ということで、Infoseek の外為チャートを使って、ポンドの過去10年間の値動きを月足で表示してみる(チャート設定で単位「月」、期間=120 とする)と、ポンドの長期的な傾向としては、2000年の9月に1ポンド150円割れを底として、それ以来現在までずっとゆるやかに上昇している。

もちろん、この期間は日本が量的緩和とゼロ金利政策を取っていたため、なんら不思議はないのだが、今年日銀によるゼロ金利政策は終止符を打たれたので、日本の金利も多少は上がることになる。

すると、あとは依然として残る英国と日本の金利差、その他の要因を考慮して考えないといけないのだが、今回の利上げでポンド円は1998年10月7日以来の217円を超えて更にもう少し上値を拡大する可能性が十分にあると思う。

そうであれば、短期的には多少の調整があってもしばらくの間ポンド円の買いポジションを持っておくというのは、スワップ金利が高いこともあり、悪い話ではないと思うのである。

実は、昨日までは、215.75 円で仕入れたポジションは同じ値段かそれより少しだけ上でも早めに手仕舞いしよう、なんて考えていたのだが、今晩のサプライズ利上げにより、かなり戦略が変わったことは確かである。

と、こんな駄文を書いている間にも、216円台からあっという間に217円台に乗せてまだ爆上げモード続行中。
よっしゃ〜、どんどん行けぇ〜〜! 240Z ・・・とまでは行かないかもしれないが、220円位は硬いぜ!

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ポンド爆上げ 〜 予想外の英・利上げを受けて"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ポンド爆上げ 〜 予想外の英・利上げを受けて"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "ポンド爆上げ 〜 予想外の英・利上げを受けて"

私は214¥台で100枚持っていたのですよ。これは正直、尾を引きます.......(今から買う気には流石になれないので、豪$を買いに行っています。)

  •   k.西川
  • 2006年08月07日 21:10

西川先生、
 
コメントどうもありがとうございます。今回は残念でしたね。
 
豪ドルの方では、是非頑張って下さい。(前に85円位で買ったのをとっくの昔に売ってしまってましたが、まだ持っていれば・・・うーん、もったいない・・・orz)
 

  •  [TypeKey Profile Page] afnfan
  • 2006年08月09日 23:11