スイスフラン/円(CHF/JPY)を買う理由 (スワップは・・?)

FXを始めた頃は、ほとんどスワップ金利のつかないスイスフランになんて、投資する人はいるのかね?なんて考えていた。

しかし、為替投資はスワップではなく差益を狙うものだということが分れば、実はスイスフランも投資妙味がある通貨なのであるということが分ってきた。(ちなみに、現在のレート 93円台の下〜中位は買い場だと思う。)

私の現在のFXトレードのスタイルは、主にスイング(つまり数日〜長ければ数週間、場合によっては結果的にデイトレになることもある)で、システムトレード的にできるだけシンプルかつ明確なルールに基づいて売買するというものである。

(それでも時々、衝動買い的に買ったり売ったりして、そういうときに限って損切りばかりに終わるのだが・・・)

そこで、どういう風にスイスフランにメリットがあるかというと・・・

例えば、ドル円が高く買い上げられていて買いではエントリーしづらい場合に、何か他の通貨ペアはないかなー、というような場合。

スイスフランも確かにクロス円通貨の一つだが(CHF/JPY = USD/JPY ÷ USD/CHF)、他のクロス円と同様にドル円から乖離した動きをすることがある (つまり、上の式で USD/CHF の方が変動する場合)。

なので、簡単に言えば、ドル円や他のクロス円が高くなっていても、スイスフラン円が下げていて買い場だったりする場合に安値でスイスフラン円をロングで持ち、高値で決済すれば、スワップ金利こそわずかなものでも差益できっちりと稼げるというワケだ。

ちなみに、米ドル以外の高金利通貨のクロス円、具体的には、英ポンド、豪ドル、ニュージーランド(キウイ)ドル、カナダドルなども、米ドルに連動して買い上げられることが多いので、押し目を狙って買うのはかなり難しい、と最近特に感じている。

ということで、ここ数日スイスフラン円をロングで数枚持っている。 そうこうしているうちに、ドル円が調整で下げたので、ドル円も119円割れで2枚ほどロングで仕込んだ。 

ドル円は今晩の指標が良かったので、プラスに転じた。スイスフランはまだ含み損が少しあるが、まぁちょっとの間じっと我慢の子だ。 いずれスイスフラン/円も上げに転じて、利益が出るだろう。

(実は、スイスフランには他の使い方もあるのだが、それはまた別のエントリーで・・・)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "スイスフラン/円(CHF/JPY)を買う理由 (スワップは・・?)"

このエントリーのトラックバックURL: 

"スイスフラン/円(CHF/JPY)を買う理由 (スワップは・・?)"へのトラックバックはまだありません。