ひまわり証券 FX

  ひまわり証券 FX

現在、主にサブ口座として使っているのがひまわり証券デイトレ口座である。

ひまわり証券・マージンFXでは、通常口座とデイトレ口座があり、両方とも口座を開設しているが、現在のメインのスイングでのシステムトレードでは手数料とスプレッドでより有利なFXCMを使っている。

ただ、ひまわり証券のデイトレ口座にもメリットと適切な使い方があるので、使い分けるということである。
そのメリットや私の良く使うサービスを以下に記してみたい:

  1. デイトレ口座は手数料が無料+さらに、キャッシュバック
  2. 見やすい経済指標の情報と簡易チャート
  3. 証拠金の信託分別管理
  4. オンライン/会場と多くのセミナー
  5. ただ今、お得な口座開設キャンペーン中!

1. デイトレ口座は手数料が無料+さらに、キャッシュバック

ひまわり証券の通常口座では、通貨ペアの種類に応じて1〜10ポイント(ドル円など主要な通貨ペアでは5ポイント)の手数料がかかるが、デイトレ口座ではロールオーバー(次の日へのポジション持ち越し)が出来ず、またスワップ金利が付かない代わりに手数料が無料となる。

さらに、ポジション量に応じて一定のポイントがキャッシュバックされる仕組みが導入されたので、さらにオイシイトレードができそう。

例えば、ドル円(USD/JPY)で売りまたは買いのポジションを取った場合、 1万ドルなら10円、 10万ドルなら100円がキャッシュバックされる。これは、為替差益・差損に比べれば、まぁ微々たる額ではあるけど、もらえるお金を拒む理由も無い。(^-^)

ちなみに、デイトレ口座の場合、証拠金(マージン)率は1%、つまりレバレッジは100倍なので、資金効率が高い。(ただし、損切りや資金管理をきちんとしないとリスクも大きいので注意)


2. 見やすい経済指標の情報(カレンダー)と簡易チャート

経済指標カレンダー
FXトレードでは、主要な経済指標によって為替レートが大きく動くということをこのサイト内に記事として書いている(*)が、その経済指標のカレンダーはひまわり証券さんのものが見やすいので、それを良く使っている。
(右の図はその一例、クリックで拡大表示のウィンドウが開きます)

あと、コンパクトにまとまっていてウェッブだけで簡単に確認のできる週足日足のチャートも良く使っている。


3. 証拠金の信託保全による分別管理

これについては、まぁ言うまでも無いというか、やはり今時のFX業者で信託保全による分別管理していない所は無いんじゃないかと思うのだが、FXのパイオニア的存在の一社であるひまわり証券も当然これは行っている。

したがって、万一ひまわり証券が倒産するような場合でも(その可能性は、かなり低いと思うが・・・ちなみに、ひまわり証券の親会社である「ひまわりホールディングス」はジャスダック上場企業)、投資家の預けている証拠金は戻ってくるので安心してFX投資に集中することができる。


4. オンライン/会場と多くのセミナー

FX取引業者では、競うようにセミナーを開催しているが、ひまわり証券も無料で各種のセミナーを随時開催している。 最近、私が受講したものでは、常勝トレーダーとして為替業界では有名なマット今井さんのセミナーに参加させて頂いた。 

一人だけでパソコンに向かってFXの取引画面といつもにらめっこするだけではなく、やはりこういうセミナーなどにも出て情報を入手したり、刺激を受けるというのが良い。

あと、ひまわり証券ではオンラインセミナーも充実しているので、会場でのセミナーになかなか行けない遠方の方や忙しいかたは、これらも利用価値が高い。 オンラインと会場でのセミナー両方をかなりの頻度をクオリティで開催しているという点では、ひまわり証券はかなりポイントが高い。


5. ただ今、お得な口座開設キャンペーン中!

とどめは、これだ! この11月から年内いっぱい(12/31)まで、口座開設キャンペーン実施中ということで、期間中に口座開設した方には500円のクオカードがもれなくもらえる。 

これは、もうとにかく速攻で口座開設すべしでは・・・

ひまわり証券でデイトレ口座を開設

関連記事 → ひまわり証券 FX:マージンFX

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ひまわり証券 FX"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ひまわり証券 FX"へのトラックバックはまだありません。