米ドル下げ止まり(キャリートレード巻き戻し終了)か?

米ドルが下げ止まった感がある。 
まだドル下落(=円高)リスクは残っているとはいえ、キャリートレードの巻き戻しも一旦は幕といったところか。

ドルの全面安という様相を呈していたため、ドル円(USD/JPY)、ドルスイス(USD/CHF)、とドル買い/低金利通貨売りというキャリートレードの代表例みたいな通貨ペアは下げまくっていた訳だが、昨日から今日にかけていずれも日足で陽線となったようだ。

ということで、猿張の攻撃的スワップ獲得法+αでドル円とドルスイスのポジションを少々追加した。

それと、ここのところ敬遠していたポンドドル(GBP/USD)、そろそろ天井と見て、久々に売りでエントリー(@1.9472)。
でも欧州の高金利通貨であるポンド、それにユーロは天井知らずみたいな感があるのも事実なので、とりあえずは一枚だけ。 それでも上手く行けば、200pipsは下がるだろうから、「2万円+ゲットだぜ!」が狙いである。

他の動きとしては・・・

同じくキャリートレードで人気のあるポンドスイス(GBP/CHF)。
これもやっと下げ止まり、今日は100pipsを超える大幅な上昇となった。 
ということで、このポジションのスワップも加えたトータルはやっとプラスに転じた。ふぅ。。。

カナダドルはじわじわと上げに転じつつあり、まだマイナスながらスワップをちびちびと稼ぎながら、爆上げに転じるのを根気強く待っている。(待つってのは、他のポジションも同じであるが・・・)

いかんせん、ドル円の119.14 (5枚)が失敗だったのだが、スワップも一日800円になる。他のと足せば現在のスワップポイントの合計は1日当たり2,000円を超えるので、ポジションを決済しなければ(まぁ含み益の出たポジションはどこかで売ることになるが)週に1万円以上、スワップだけで稼げる。

当方は決してスワップ派という訳ではないのだが、(まぁスワップ派のFX投資家はポンドドルの売りなんてしないよね)、最近のようにボラティリティが小さく動きが少ない日が多いと、やっぱりスワップでももらわないとやってられんと言うわけだ。 もちろん、先週の円高局面でタイミング良くドル円とかドルスイスショート出来ていれば一番儲かったんだけどね(汗)・・・

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "米ドル下げ止まり(キャリートレード巻き戻し終了)か?"

このエントリーのトラックバックURL: 

"米ドル下げ止まり(キャリートレード巻き戻し終了)か?"へのトラックバックはまだありません。