円高トレンド継続中 (これからFX始める人はチャンス)?

日足チャートを見てみると、今週は月曜日だけが陽線、あとは陰線となり、ドル下落が急速に進んだ。

当方は腹をくくって長期的なスワップ狙いのFXシステムトレードなので、動じてはいないが(汗)、ドル、ポンド、など持っているポジションが全部マイナスなのは、ちと悔しい気もしないではない。

ともあれ、ドル円の日足チャート(右下)で相場を分析してみよう。

今回のドル急落により、主要な移動平均線を日足のローソク足がすべて割り込んできているのが分る。


USD/JPY 日足チャート

つまり、5日、25日、75日、そして金曜日についにサポートとなっていた200日移動平均線(116.20円)も下回った。ということで、ドルの下落がもう少し進行する可能性が出てきたようだ。

ただ、オシレーター系のテクニカル指標を見ると、いずれもそろそろ売られすぎを示しつつあることも事実だ。

つまり・・・

スロー・ストキャスティクス(図の2段目)を見ると、10を切っており、そろそろSDを%Dが下から上に抜く、つまりゴールデンクロスをしそうな感じに見える。

また、RSI(グラフの4段目)も30%に近いレベルであともう少し下げる可能性はあるものの、ほぼ底値に近いレベルと考えられる。

もちろん、ドル円の下落トレンドが継続する場合これらの指標はグラフの底辺に張り付いたままになるので、テクニカル分析の過信は禁物である。 (MACDもまだゴールデンクロスになっていない。)

そうは言っても、昨日も記したようにファンダメンタルの点では、金利差も依然として大きく、円高がこれ以上急激に進行する必然性もあまりないと考えるので、この円高も比較的短命に終わるとは考えているのだが・・・

ポジションの面では、ドル円だけではなくポンドとドルのスイスフラン絡みのポジションも「キャリートレードの巻き戻し」とかで下落しまくりである(滝汗)。しかし、これらのポジションはシステムトレードのルール通りにしたがって2枚ずつ買い下がりを敢行した。 カナダドル/円は101円の中〜上位で下げ止まっている(少なくとも、今のところは)ということで現状維持。

金利の高いドルとポンドが、いつまでどこまでスイスフランに対して売られるのか?
どんと来なさい。。。 じっくり、見極めてやろうじゃないの。 (これからスワップ狙いでFXやる人はチャンス到来)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "円高トレンド継続中 (これからFX始める人はチャンス)?"

このエントリーのトラックバックURL: 

"円高トレンド継続中 (これからFX始める人はチャンス)?"へのトラックバックはまだありません。