ボリンジャーバンド(Bollinger bands)とは

ボリンジャーバンド(Bollinger bands)は、アメリカのジョン・ボリンジャー(John Bollinger)氏が考案したテクニカル分析の指標である。

ボリンジャーバンドの詳細な仕組みや理論はボリンジャー氏のサイトや著書、その他のサイトを参照してもらえばと思うが、ここではその概要と使い方を初心者の方でも分るようできるだけ簡単に紹介したい。

ボリンジャーバンドの実体は、ある通貨ペアのチャート(週足、日足、時間足、1分足のいずれでも適用できる)の単純移動平均線の上下の標準偏差をチャートとしてその通貨ペアのチャートに沿ってプロットしたものである。標準偏差としては、±1σと±2σの二つが主に用いられる。(σはシグマと読む。)

標準偏差というと数学みたいで何だか難しいと思われるかもしれないが、要するにそのデータ(FXなので為替レート)が統計的にどれ位ばらつく可能性(ボラティリティ、日本語では"ボラ"とも呼ぶ)があるか、ということだ。

で、現時点での移動平均線から1σ(1シグマ)上下にぶれた範囲に為替レートが収まる可能性がだいたい68%程度、同様に2σ上下にブレた範囲内に収まる可能性が約95%となる。

平たく言えば、為替レートのチャート上でボリンジャーバンドを表示したときに、そのレートがほぼその2σの範囲内に収まるということ。

この意味は、つまりレンジ相場では、ボリンジャーバンドの範囲内で、移動平均線を中心にして−2σのレートが最安値になり、+2σのレートがレンジの上限つまり最高値になる可能性が高いということ。

もちろん、他のテクニカル指標と同様にボリンジャーバンドも過去の為替レートから現時点のレートの値動きの範囲を統計的に予測するものなので、ボリンジャーバンドの範囲内に為替レートが絶対に収まるということでは必ずしもないので、実際にトレードするときには十分に注意して欲しい。

つまり、為替レートが大きく動いて上昇または下降のトレンドが発生するときには、ボリンジャーバンドの範囲からはみ出して為替レートが推移することがあるのだ。

以上をまとめると、実際のトレードでボリンジャーバンドを使うときには、大雑把には次のような使い方になる:

@レンジ(ボックス)相場
 ボリンジャーバンドの上限(+1σまたは+2σ)で売り、下限(−1σまたは−2σ)で買い

@トレンド相場
 ボリンジャーバンドの上限(+2σ)を超えた時点で買い、下限(−2σ)を超えたところで売り


システムトレードとしてボリンジャーバンドを活用したシステムも当然考えられる。 
今後、ボリンジャーバンドをベースとしたトレードシステムも検討とバックテストをしてみたい。

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング