ユーロオージー(EUR/AUD)のショートを1枚追加

G7前の神経質な相場が継続中だが、円安けん制がなくなりそうだと言う観測(希望的?)が出ているようで、円売りドルやクロス円通貨の買いが入った。

お陰で、当方のキャリーしているカナダドルも含み損が減ったのは良い知らせだが、ポンドオージーは相変わらず高値圏にまだ張り付いたまま・・・ とは言え、上げ下げしつつも方向としてはジリジリと下落の方向に推移している。

もうすぐ、ガーンと下落しないかと期待しているのだが・・・ ポンドの利上げは多分無いとは思うのだが、もしあればまた2.54を超えて急騰するだろうな。まぁ、 粛々とルールの通りにトレードするしかない。

それはそうと、今日のトレードではユーロオージー(EUR/AUD)を1枚だけショート(@1.6705)してみた。

ユーロとポンドにはかなり強い正の相関性があるため、ユーロオージーは、ポンドオージーに近い通貨ペアだと考えるが、ユーロ圏の政策金利(3.5%)がポンド(5.25%)よりも低いために、オージーとの通貨ペアではユーロオージーのショートの方がスワップ金利が高いと言うメリットがある。

ちなみに現在メインで私が使っているFXCMジャパンでは、ユーロオージー(売り)のスワップ金利は +106円、ポンドオージー(売り)のスワップ金利が+54円 (いずれも1万通貨単位)である。

また、スプレッドもポンドオージーが15pipsであるのに比べてユーロオージーは13pipsと有利なのである。


で、最近の日足チャートを見るとユーロオージーも比較的高値圏にあったので、猿張攻撃的スワップ獲得法の適用を狙ってショートで参入したわけだ。 っと、早速ユーロオージー、為替レートが上がってるな(笑)、よしよし。○| ̄|_

良いのだ(汗)。 1枚だけだし、中長期戦のつもりだから。
(売りだから、下がってくれないと儲からないんだよね・・・)


ってな感じで、あまり大きな動きは相変わらず無い。 まぁG7が終わるまではこんな感じなんだろうな。

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ユーロオージー(EUR/AUD)のショートを1枚追加"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ユーロオージー(EUR/AUD)のショートを1枚追加"へのトラックバックはまだありません。