ドルスイスフラン(USD/CHF)もそろそろ反発するか?

私がいまキャリーしているポジションの一つ、ドルスイスフランUSD/CHF)の見通し。
まず、テクニカルな分析をしてみる。(ドルスイスのチャートは左下図)

ドルスイスフラン(USD/CHF) 日足チャート
現在のドルスイスの為替レートは、1ドル1.233スイスフラン程度で推移中。
ローソク足を見るとこの過去1週間の間に 200 pips ほど下落してきたので、レンジ相場が継続するなら、そろそろ反発して上昇に転じるのでは?というのが、当方の見通し。(もちろん、見通しは見通しなので当るかどうかは分らないよ。)

テクニカル指標として、ボリンジャーバンドとMACDを見てみる。

まず、ボリンジャーバンドは、−2σのレンジ下限にタッチするやいなや反発したかな?と言う感じで昨日から今日にかけて推移。 今日か明日くらいから反発に転じるかどうかが節目になるかもしれない。

もしレンジを突き抜けて下落トレンドが更に継続するのであれば、最安で 1.185 程度まで下落する可能性は残っているが、もちろんここまで下落しても当方のシステムトレードには問題無い(基本的に中長期を志向してで損切りしないシステム)。 

ただ、昨日のブログで書いたポンド円が反発してレンジ内での推移になってきているようなのを見ると、ポンドとも比較的高い相関があるスイスフランもレンジ内に戻っていくのではないかと感じる(あくまでも主観・・・相場が常に正しい!)

チャート下側のMACDも見てみると、こちらはまだ上昇のサインは何も出ておらず、下落の可能性を示唆するような雰囲気だが、MACDヒストグラムと過去の値動きのパターンからするとやはりこの辺で反転してレンジ相場が継続するという可能性はあると見る。

ちなみに、本日の経済指標でスイスの貿易収支(1月)と生産者・輸入価格の発表が予定されている(各、16:15と17:15)ので、これが直接のトリガーになる可能性がある。 もちろん、市場予想より大幅に良ければスイスフランの買い、悪ければ売り、だ。 

当方はドル買いのスイスフラン売りなので、どちらかと言えば予想よりも悪い結果の方が嬉しいのだが、まぁどちらにしてもシステムのルール通りに粛々と売買を続けるだけのこと・・・(と、冷静さを装う 爆)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ドルスイスフラン(USD/CHF)もそろそろ反発するか?"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ドルスイスフラン(USD/CHF)もそろそろ反発するか?"へのトラックバックはまだありません。