春の嵐(@FX)は去ったか

先週から発生している大荒れ相場、奇しくも昨日関東地方に来た春の嵐と似たようなタイミングだと感じるのだが、そろそろ収束に向かいつつあるように思う。(少なくともいったんは。)

マネースクエアジャパンのマーケット情報でマネー&マネー・吉田恒先生のレポートやマット今井先生のブログでも、この短期間に下落した値幅等の観点からもそろそろ収束ではないかとの相場見通しが記されていた。

実際に、相場の流れやチャートを見ていても、円買いから円売りにと流れが徐々に変わりつつあるのを感じる。

てなワケで、以下で当方のキャリーしているカナダドル円(CAD/JPY)のチャートを実際に見て分析してみよう。(多分、カナダドルだけでなく、豪ドル円とかキウイ円、ユーロ、ポンドなど他のクロス円通貨でも似たような状況になってるはず)

カナダドル/円(CAD/JPY) 日足チャート 2007/03/06
まず、カナダドル円の日足チャート。 画面の分割は、上からそれぞれローソク足(+黄色の14日移動平均線と赤と緑のボリンジャーバンド付き)、MACD(緑色はヒストグラム)、およびスロー・ストキャスティクス(赤と緑の線、白線はおまけでRSI)。

ご覧の通り、本日はかなり強い陽線となって上昇の力がかなり強いことが見て取れる。
テクニカル指標では、MACDはまだ下落を示したままだが、ボリンジャーバンドの下限からは反転を示しており、スローストキャスやRSIのレベルからはそろそろ買いシグナルを点灯しつつあるように見える。 

ゴールデンクロス(つまり緑線が赤の線を下から上に突き抜ける交点)が出た段階では、もうかなり上昇トレンド入りしていることになるだろう。


ドル/カナダドル(USD/CAD) 日足チャート 2007/03/06
このカナダドルの底打ちはドル円の相場の推移とも連動している訳だが、もう一つ忘れてはならないのはドル/カナダドル(USD/CAD)の値動き(左のチャート)。 ドルカナダのチャートでは、通常カナダドル円のチャートとは動きが逆になる訳で、確かに天井を打って下落に転じつつあるのがわかる。 


ちなみに、今晩は、カナダ銀行によるカナダ政策金利の発表が予定されている。
市場予測では、4.25%で政策金利の据え置きを見込んでおり、カナダドルの相場もそれを織り込んでいるはず。

したがって、もし利上げがあればサプライズで多分1円程度は上昇し、場合によっては1加ドル100円を回復するだろう。逆に、利下げがあれば、再び下落に転じて98円を再び割り込むような動きになるだろう。 
ただ、現時点ではサプライズの利上げ/利下げの可能性は非常に小さいと考える。


と言う訳で、含み損がかなりあるのだが、相場の上昇を見ているので、本日2枚ほど98円台でポジションを仕込んだ。

もし、含み損が無ければもう少しアグレッシブなロング・ポジションが取れるのだが、押し目買いのつもりが暴落のさなかにロングのポジションを増やしてしまった結果となっているので(涙)、リスク管理(また下落に転じる可能性)の点からも自重してのポジション。 おっと、もちろんシステムトレードのルールにも従っているので、念のため。

(本当はもっと底値近くで買いたかったのだが、相場の反転を見極めた結果だからまぁこの程度でよしとしよう。)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "春の嵐(@FX)は去ったか"

このエントリーのトラックバックURL: 

"春の嵐(@FX)は去ったか"へのトラックバックはまだありません。

Comment on "春の嵐(@FX)は去ったか"

今晩、私もマットさんのセミナーに行きます!
恐らく、最前列に陣取っていると思います。

ポチさんの研究熱心さには頭が下がります。

ブログ拝見しました。

afnfanさんの仰っていた通り、97円で止まりましたね。

本日、BOC政策金利です。可能性としては据置・利下げ・利上げの順で高いという見方をしています(大方そうなのでしょうが・・)。中でも「据置」が一番人気(競馬ではないですけど(笑))です。

私は政策金利の発表もそうですが、注目したいのはその声明です。一部、ハト派寄りの発言がある(強くなる)という声も聞こえており、その場合、再度円高に向かうのではないかと思っています。もし、そのような自体になっても、円高への動きはそれ程大きくはないとも思っています。昨日の「(加) 2月Ivey購買部協会指数」や、先週末に発表された「第4四半期GDP[前期比]」も強めの数字であったので、その可能性も少ないかも知れませんし。

どちらにしても、早く精神的な節目である100円を回復してくれる事を祈るばかりです。(私もポジション取ったので;;)

  •   Mr.SA
  • 2007年03月06日 18:25

どうやら97円を目前にしてカナダドル円は下げ止まったみたいですね。
 できれば、サプライズで利上げしてもらって一気に100円台回復を期待したいところです。
 今週後半になると米国の経済指標の発表が多いので、その結果との連動が気にかかる所ですね。

タートルズさん、
 
コメントありがとうございます。 
はい、どうやらカナダドル円を含むクロス円は下げ止まったようですね。

サプライズ利上げ・・・あると嬉しい花いちもんめ、だったんですが、やっぱりありませんでした。
(´・ω・`) ショボーン
 
・・・って、まぁサプライズで利下げされるよりは良いか(爆)
 
今週後半の経済指標については、資金管理をきちんと行いつつ、ルール通りに淡々とシステムトレードをやっていくだけですね。。。

  •  [TypeKey Profile Page] afnfan
  • 2007年03月06日 23:14

Mr.SAさん、こんにちは。
 
タートルズさんのコメントへのレスにも書いたとおり、やっぱり一番人気(笑)の据え置きでした。(すいません、レスの順番が狂いました。)
 
今日、政策金利以外に発表のあった経済指標も概ねカナダ経済の好調さを示すものだったので、戻りが鈍いドル円、クロス円にあっては、カナダドルはかなり順調に推移している通貨ペアと言えるかもしれませんね。
 
本日、晩にマット今井さんのセミナーを受講してきたのですが、3月は決算月であることもあり、ドル円、クロス円の戻りには時間が掛かるのでは、とのことでした。
 
まぁ99円は順調に行けば今週中にはクリア、100円も来週か再来週にはクリアできるのではと考えていますが、当面103円には確かに時間がかかりそうです。 
(というか、当面100〜101円程度を中心としたレンジ相場になるような気がしています。)
 
まぁ、じっくりと中長期のキャリートレードで取り組もうと思います。 一緒にまったりと稼ぎましょう!
 

  •  [TypeKey Profile Page] afnfan
  • 2007年03月06日 23:31

鮭トバ一郎さん、こんばんは。
 
すいません。 午後から所用で出かけていたので、コメントへのお返事が遅れました。 
 
多分、いらっしゃるだろうな、と思ったのですが、予想通りでしたね(笑)。 いやぁ、今晩のマットさんのセミナーもためになりましたね。
 
DOW 12,000 の水準には要注意ですね。
(資源国通貨のキャリーだし・・・まさに聞きたいことに答えてくれました。)
 
塾長とサンプラザ中野さんのイベントは、せっかくですので、目一杯楽しんできてくださいね(笑)!

  •  [TypeKey Profile Page] afnfan
  • 2007年03月06日 23:37