ドルカナダのその後、とその他のポジション

先のエントリでドルスイスからドルカナダ(USD/CAD)へ乗り換えたと書いた。

その後ドルカナダが思惑通りに急騰!・・・・・ってなことにはならず、ジリジリと上がったと思えば下落みたいな感じでどうもイマイチだ。

やはりスワップが少ないからと言うのもあると思うが、同じようにスワップが少なくてもポンドドルやユーロドルのようにもう少し動きがあればそれなりにポジションを足したり引いたりするところ(もちろんシステムトレードのルールにしたがって)だが、どうもそれほど動く訳でもない。

まぁ、ドルスイスの方は結局 1.23を割って今日の時点でもまだ 1.226〜1.228程度のレートでウロウロとしているので少なくともドルスイスを売り決済したところまでは良かったのだが。

まぁ、気を取り直して(こればっか・・・f(^-^);;・・・)、最近の俺のポジションなど恥ずかしながら記しておく。

まず、上にも書いたドルカナダ@1.0682(2枚)。ここのところ、少しは買ったレートより上がっていたのだが、アメリカの指標、特にGDPが悪かったためか、今日になってまた下げてしまった。現在、-50pips 程度で含み損が1万2千円程度。

次に、ユーロドル(EUR/USD)2枚@1.3417のショート(売り)。 これも現在のレートが 1.3467 付近ということで -50pips×2で小計 -100pips で、pipコストが123円なのでやはり上述の加ドルと同じくらいの含み損(汗)。

次に、ドルスイス(USD/CHF)。 あれ、決済したんじゃ、って? 実は、またロング(買い)でエントリーしたのである。
ただ、焦ってちょっとエントリーの時期が早すぎたのが失敗。 ちょうど、ドルが少し大きく下落した日に指値にかかってしまい、1.2346 と現在のレートからはやや高め。 もう少し待っていた方が良かったのだが・・・まぁ、スワップをちびちびと稼ぎながら気長に(いや、マジで気長〜にですよ)回復を待つつもり。

そして、ポンドドル(GBP/USD)2枚@1.9915のショート。 これも焦ってエントリーを早まった。
ここのところの欧州通貨高はまだ続いているので、またポンド2ドルになるまで待つべきだったのだ。

この辺りのシグナル、やっぱりもう少し厳格にエントリーのルールを決めておくべきなのだろうね。
まぁ、証拠金に余裕を持たせているから、ポジションが全部マイナスなんて状況でも損きりせずに、ポンドドル以外はスワップをちびちびと稼ぎながら反転を待つわけであるが、やはり投資効率をもう少し高めないと・・・

それに、やっぱり持ってるポジションが全部ドル買いというのも良くないよね。
あーあ、今週始めの調整もなんだかもう終わってまた円安モードに戻ってしまったみたいだし、一度もっと円高に振れてくれないかなぁ・・・
(でないと、いくらスワップが高くてもやっぱり恐くてドル円とかクロス円通貨のロングってできないんだよねぇ・・・)

あるいは、全面的なドル高とか(そうしたら、今の含み損が一掃されて、プラスになる、で今度こそはドル売り円買いのタイミングを待つのだ)。

チキンな俺は、結局今回の調整でも円買いのポジションを取ることが出来なかったのだ・・・ _| ̄|○

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "ドルカナダのその後、とその他のポジション"

このエントリーのトラックバックURL: 

"ドルカナダのその後、とその他のポジション"へのトラックバックはまだありません。