日銀による利上げは無い(多分・・・)

さて、明日は日銀の政策金利発表である。

アメリカのサブプライム・ローン問題が顕在化し、株式市場や為替市場が暴落したあとの定期的な政策金利発表としては初めてのものだ。

暴落前は利上げが織り込まれていたが、市場は(俺も含めて)既に利上げは見送りで金利は据え置きという予想である。
政治家にも釘を指されているし、アメリカが緊急利下げまでしたあとである。

ここでもし日銀が利上げに固執して本当に利上げなんてしてしまったら、円高・株安の火に油を注ぐ結果になることは火を見るより明らかで、さすがに福井総裁も今回は利上げ出来ないだろうと思う。(恐らく、アメリカのFRB辺りからも今回の利上げは見送りに、という打診なり確認が日銀の方に来ているのではないだろうか。)

何しろ、今日日の日本の金融政策は日本だけに影響が及ぶ訳ではない。

為替そして株式市場はアメリカや欧州とも連動していて、日本が公定歩合を 0.25%上げるだけで世界中の株式相場が暴落したりドル相場が急落するのだ。 いや、ほぼ確実に今回の利上げは無いだろう。

今回の利上げが無いとすれば、次回は9月か。 福井総裁のコメントに注目が集まる所だが、これまでの経験からすると、予断も持たないとか何とか言って、恐らく差しさわりの無い表現にとどまるのではないか。

日本の指標発表というのは、為替の世界では実はあまり重みを持っていないのだが、さすがに政策金利、しかもこのようなクリティカルなタイミングの発表であるから、日本のみならず世界中の投資家(個人か機関かを問わず)が福井総裁の一言一句に注目しているはずではある。

それはそうと、今朝のテレビのニュースを見ていたら、FX業者の預かり金残高が今回の急激な円高で4割も減少し、FXの個人投資家が損失を被っていると思われる、見たいな事を報じていた。 脱税の件と言い、今回の円高での損失と言い、FXもずいぶんと身近な存在になったものだと思う。(FXやってなければ、福井さんの一言一句になんてあまり関心ないだろうな、と思う。。。)

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "日銀による利上げは無い(多分・・・)"

このエントリーのトラックバックURL: 

"日銀による利上げは無い(多分・・・)"へのトラックバックはまだありません。