スワップ金利が滅茶苦茶に

FXでスワップ金利(スワップポイント)が、ここ数日おかしなことになっている。

各FX業者のお知らせや、マット今井氏のブログでも情報が得られるが、これはリーマン・ブラザーズ破綻などアメリカの金融不安定によるドル需要からアメリカの短期金利が急上昇しているからだとのことだ。

しかし、初心者というか素人のFX個人投資家からはどうもしっくり来ない。
なぜ、ドルの金利の話なのに、クロス円通貨ペアのスワップ金利まで変わるのだ?

実際、俺のメインFX口座であるFXCMだけではなく、どのFX業者でもクロス円通貨ペアのスワップ金利が大幅に減ったり、ヘタをするとマイナス・スワップになっていたりするのだ。

しかし、米ドルが基軸通貨であることからすると、こういうものなのだと無理やり理解するよりないのだろう。

幸い、俺のいま持っているクロス円のポジション、ポンド円とキウィ円はどちらもまだスワップ金利がプラスのままだ。 実は、もう1枚持っていたユーロドルのロングはマイナスのスワップ金利になってしまっていたので、午前中に痺れを切らして損切りを敢行した。

もう少し待っていれば、トータルプラスでこのポジションをクローズすることが出来たかも知れないのだが、相場を見ているとユーロドルもここ数日の高値圏になっていてまた下落する可能性が高いと考えられたからだ。

どちらにしろ、一時はこの何倍も含み損が合ったことを思えば、100 pips で損切りできたのをラッキーと考えなければ。

それにしても、このスワップ金利激変は困ったもんだ。 
ポンド円などもスワップ金利が200円以上あったからこそ、敢えて含み損に耐えてロングのポジションを保持しているのに・・・(一応、買い下がりのシステムトレードのつもり。w)

とにかく、本日の目標は損切りした\12,000位を取り返して、今日のトレード成果をプラス収支にすることだ。
午後遅くには、欧州勢がそして夜半には北米勢が参入してきてまたレートが大きく動くと思われるので、その辺の時間帯で何とか先日のように上手く仕掛けたい。

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "スワップ金利が滅茶苦茶に"

このエントリーのトラックバックURL: 

"スワップ金利が滅茶苦茶に"へのトラックバックはまだありません。