G7の結果をどう見る? (その2) やっぱり円高か

前のブログ記事を書いて、ネット上でもう少し情報を収集してみたが、6:4ないし7:3位の確率で円高トレンドに変化は無さそうかな、と言う気がしてきた。

まずは、ダイヤモンド・ザイのマット今井氏と松田哲氏の記事。 
両氏ともファンダメンタルズの分析から、円高基調に変化は無しとの意見。

ついで、より新しい情報としてFXブログからの記事。

なぜ円高になりそうかという理由は、要するにG7の行動計画に具体性が欠けるからということです。 

 「G7こりゃダメだ。その理由は?」(「若手官僚のFX,株式日記」より)

詳しくは、上のリンクから「若手官僚」さんの本文を読んで頂くとして、以下の一文には結構驚きましたがドル売りポジションを1枚持ってる僕的にはもちろん歓迎。

月曜日は窓開け円高、日経平均バブル後最安値な気がします。

まだドル円、クロス円のロング・ポジションを持っている方は要注意かもしれません。
(僕は、既にカミングアウトしたとおり、スワップ狙いだった買い下がりトレードシステムのポジションを諦め、全部損切りしました。でも、損害をある時点で食い止めたという意味では、ラッキーだったのかなと思ってます。)

まぁ、いずれにしてもG7後の展開としてもう少し戻す可能性はあるにしても、円高基調に大きな変化は無いという認識。

シナリオとしては、ドル暴落は不退転の決意で回避も、結局はまだジリジリと円高が続くって感じでしょうか。

だとしたら、1ドル100円半ばのUSD/JPYの為替レートは、戻り高値の叩き売りにはぴったりか。
(FX投資は自己責任で!)

あと、G7 の結果についての意識調査を実施中につき、よろしければこちらもご覧下さい。
(あなたのご意見をクリックで投票も是非。)

為替ブログ村・掲示板 → G7の行動計画合意で金融危機は回避されるか?

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "G7の結果をどう見る? (その2) やっぱり円高か"

このエントリーのトラックバックURL: 

"G7の結果をどう見る? (その2) やっぱり円高か"へのトラックバックはまだありません。