アメリカドル(USD)全面安に、いよいよ暴落か?

為替相場が最近、米ドル安に推移している。
ドル円(USD/JPY)では今週の終値が95円を割り込んで取引を終えた。

アメリカ経済を見ると、自動車業界のビッグスリーの一角、GMが6月1日の事業再建プランの提出締め切りを前に風前の灯火という状況。 また、金融業界でもイリノイ州にある銀行2行が破綻、今年に入って合計36行と昨年の25行を上回る凄まじい情勢となっている。

このようなアメリカ経済の状況を反映していることもあり、アメリカの国としての信用格付けが現在のAAA(トリプルA)から引き下げられるのではないかという観測が根強い。

これが、米ドルが年初来の最安値となっている背景だ。

オバマ政権のギブズ報道官は、信用格付け引き下げの可能性は無いと否定している。
これは・・・政策として格付けを維持するのか、それとも本当に格下げは無いという確証があるのか・・・

どちらにしても、いま積極的にアメリカドルでロング(買い)のポジションを取る気分にはならないね。
幸い米ドル・ロングのポジションは一切無いが。
でも、NZドル/円(NZD/JPY)は相変わらず含み損のままロングでキープ中。

と言って、95円割れのこのレベルでドルを売り込むのも、戻しそうでやりづらい。

全面安と書いた通り、アメリカドルはユーロやポンド、豪ドル、NZドルなどの他の主要通貨に対しても安値を更新しつつある。

アメリカドルの暴落が本当に起きるのだろうか・・・?
FX個人投資家としては、為替相場に早く安定して欲しいものだ。

FXでもっと稼いでいる人のブログって? → FXブログ・ランキング

Trackback on "アメリカドル(USD)全面安に、いよいよ暴落か?"

このエントリーのトラックバックURL: 

"アメリカドル(USD)全面安に、いよいよ暴落か?"へのトラックバックはまだありません。